地球防衛軍にハマりすぎて留年しました。

僕は大学生の頃「地球防衛軍」というゲームにハマりすぎて留年までしてしまいました。

地球防衛軍は地球外生命体が地球に襲ってきてそれをプレイヤーが防衛軍になって撃退するというゲームなのですが、

やりこみ要素が多く僕はこのゲームにどハマりしてしまいました。

一番のやりこみ要素は「武器集め」です。

地球防衛軍にはとても多くの武器が登場するので、それを全部集めるだけでもかなりの時間を費やすことになります。

もちろん強い敵を倒すほど強い武器が手に入りやすいので、私はひたすら強敵を倒しまくって武器を集めていました。

武器のほかにも主人公のパワーアップのために敵を倒す必要があるので、もくもくと倒しまくっていたのですが、

当時は不思議とまったく飽きがこなくて、一日中ずっとやっていました。

このゲームはオンラインでのプレイが可能で、全国の地球防衛軍プレイヤーとの協力バトルが楽しめるのも魅力的でした。

主人公のパワーアップをして優秀な武器を揃えて、オンラインプレイをするのが楽しくてしょうがなかったんです。

最初は大学の友達と一緒にオンラインプレイをやっていたのですが、僕はみんながこのゲームに飽きてしまった後も、

ずっとやっていて大学の授業を休むことが多くなって、友達にはずいぶん心配されました。

結局僕は地球防衛軍をやりすぎて留年してしまったわけですが、オンラインプレイで知り合った人の中で今でも仲良くしている友達もできたので、

留年したといっても悪いことばかりではなかったのです。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です