20代にまたゲームにハマって腱鞘炎になる

ゲームには今までに30万円は使っています。

子供の頃は親にお子使いを貰って買っていましたが、20代になるとそうもいきません。

だから、自分で働いてお金にしては買っていたんです。

高校生の頃には忙しくてゲームを辞めていました。

それに、なんだかゲームをやりたいって思わなかったんです。

なのに、なぜか20代になってから急にやりたくなってしまったんです。

そして、その20万円も使い、毎日のように夜はやって寝るというスタイルをやってました。

なんだか寝る前にはゲームをしないと眠れないんです。

寝る前って明るい画面を見ると深い眠りにつきにくいっていうんですけど、私の場わいには逆でしたね。

なんだかやらないと眠れない。

だからゲームを色々と買って、家にこもって何時間もやったんです。

人に会うよりもやっぱりテレビの前でお菓子を食べながらやった方が楽しんですもん。

20代ではちょっと顔にニキビができちゃいました。

きっとずっと座っていて代謝も悪くなってしまったのでしょうね。

まあとにかく指が痛くて仕方ありません。

仕事にも支障をきたすほどに指の関節が痛むんです。

とくに、右指の親指と人指し指が痛くて仕方ありません。

ペンも持てないほどなんですよ。

だから、職場では「どうしたんだ」って心配されたんです。

まさか「ゲームで」とは言えないから、「あっ、ちょっとドアにぶつけちゃって」と嘘を言っていました。

まあ、若気の至りなのかな?なんて思いましたが、今では反省してます。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です